産業用発電遠隔監視システム エナビジョン

製品情報・仕様

製品仕様:エナビジョン / エナビジョンE
項目 機能
形式 共通仕様
仕様温湿度範囲 -5~+55℃、85%RH以下(非結露・非氷結)
45℃以上の環境で使用する場合、モジュール間に2cm隙間をあけて取付
形式 WMF-PP2LN-00A006(計測モジュール)
基本仕様 LAN(10M/100M)Webブラウザ画面にて設定、モニタリングが可能
カレンダータイマー機能内蔵(停電時バックアップ)
バックアップ(内臓) 本体に240日保存
電源電圧 AC85~242V(50/60Hz)
コーセル社製 PBA1500T-48 接続時 DC40~DC56V(※エナビジョンEのみ)
外形寸法・重量 75(W)×120(H)×70(D)mm(突起部含まず)・約300g
消費電力 AC電源10VA(AC100V時)、約14VA(AC200V時)
LED POWER 緑色 電源供給時点灯
STATUS 赤色 障害発生時に点滅
F.LINK 緑色 サーバーとの通信時のみ点滅
ANT 赤、緑、青 内臓FOMAアンテナレベルにより点灯(青・強/緑・中/赤・弱/点灯・圏外)
PLS1/PLS2 消灯
通信方式 FOMA網通信
形式 WMS-PE1N-00A006(太陽光監視スレーブ) WMS-PE6N-00A006(太陽光監視スレーブ)
測定可能ch 1ch測定可能 6ch測定可能
電源電圧 AC100~240V(50/60Hz)
外形寸法・重量 75(W)×120(H)×70(D)mm(突起部含まず)・約330g
消費電力 AC電源4.5VA(AC100V)、5.5VA(AC240V)
LED POWER 緑色 電源供給時点灯
STATUS 赤色 障害発生時に点滅
NET 緑色 通信モジュールとのデータ通信時のみ点滅
入力数 電圧入力(VT配線) 2系統(単相3線/三相3線 切替可能)
電流入力(CT配線) 1CH(1CH当たりCT2ヶ) 6CH(1CH当たりCT2ヶ合計12ヶ)
入力周波数 50/60Hz 共用
接続可能台数 21台(1CH・6CHモジュール混在可)

 

保証期間:10年

保証期間内にもし故障した場合、お求めになった販売店またはエナビジョンサポートセンターへご連絡ください。
※機器故障時の交換期間はサービスの利用ができません。ご了承ください。
 

設置条件

設置場所が3G回線の電波圏内であること。
電気工事をお客様自身にて担当される場合は、第二種電気工事士の免許が必要となります。
使用温湿度範囲内であること
※高圧用監視システムについてはお問い合わせください。
 

サービス概要

固定価格買収制度(全量買収制度)にて機器のトラブル等による売電損失を最小限に抑えるために、お客様の発電状況を365日24時間監視するシステムです。

システム構成イメージ図

FOMA網通信を使用し、データの収集・送信を行います。
ご利用可能エリアは、NTTDocomo FOMA3Gエリアを利用可能。インターネット回線の設置が難しい拠点でも導入が可能です。
さらに遠隔監視システムにおける回線契約が不要!


 

エナビジョンによる遠隔監視サービスの特徴

Webアプリ「EcoFan Biz」で発電所管理

エリアを問わず、全発電所をまとめて管理
「EcoFan Biz」にアクセスすれば発電量と売電金額を1時間毎にグラフで表示し、PC、スマホ、タブレットなどでいつでもどこでも発電量を見ることができます。

 

パワコンごとの計測が可能!

パワーコンディショナー単体で測定が可能
エナビジョンはパワコン毎に電力量を測定し表示しています。
計測対象設備の合算値のみの計測だと、複数台のパワコンのうちの一台に不具合が発生しても全体の出力が低下して表示されてしまうため不具合が発見できないケースが発生します。エナビジョンはパワコン毎の計測値が見えるから、不具合が発生した場合、どのパワコンがおかしいのか視覚的に特定する事が可能です。

 

施工が簡単、ネットワーク設定が不要!

全てセットアップ済み!専用ボックスに収めて納品いたします
お客様の発電所に合わせて個別設定した機器を、専用ボックスに収めて納品いたします。
現地ではボックスの取り付け・電源と電圧戦の引き込み・CTクランプを接続するだけの簡単設置です。
設置後、現地からサポートセンターに工事完了の連絡を入れていただき、遠隔で誤配線の確認を行います。
問題がなければ当日よりサービスをご利用いただけます。
※悪天候や日没後では誤配線の確認がとれない場合がございます。

 

パワコンメーカーを選ばず設置・運用が可能!!

どのメーカーのパワコンをお使いでも取り付け可能。だからすでに設置の太陽光発電所にも設置が可能です。
 

高い計測精度で小規模から大規模まで!

±2%以内の精度でパワーコンディショナー単位での計測が可能
±2%の精度で、6台までのパワーコンディショナーが計測できる「6chモジュール」と、1台や複数台のパワーコンディショナーの総量を計測する「1chモジュール」を組み合わせ最大21台まで接続。
小規模から大規模な設備まで柔軟な計測が可能です。

低圧発電設備だけでなく、50kW~2MWまで対応!
エナビジョンは産業用太陽光の低圧をメインターゲットとしていますが高圧の発電施設にも対応しています。

ケーブル延長最大11mで±2%!実際の計測は2%以下
「2mの標準ケーブル一本と3mの延長ケーブル三本つないだ合計11mの長さまで±2%の計測精度を誇ります。クランプケーブルによる計測方法を採用したため、パワコンを選びません。
データが±2%の計測精度で測定ができるので実際の明細と近い結果を得ることができます。

 

自動復旧機能!

機器の障害時にはリカバリー処理が作動
障害の発生を感知すると、自動的に復旧するまでリカバリー処理が作動し続けます。通信の不具合を解消するための機器の再起動など、設置現場まで出向いての復旧作業の発生頻度を低減させます。